栽培品種の特定、独自の養液管理による高収量を目指す

農作物の低コスト生産

・栽培ハウスの規格化
・1人~2人の生産管理

自社肥料の開発 ・研究

国内ブランド野菜の全国販売ネットワークの確立

農業のフランチャイズ事業化

・新規就農者の促進
・休職者の削減・雇用の拡大
・耕作放棄地の有効活用